土へのこだわり

 

おいしいニンニクには栄養たっぷりの土が必要。

そのために、手間を惜しまず徹底して土壌作りを行います。

 

このジャンボニンニクを作っているのは埼玉県入間市。

美味しい作物のために、健康で栄養豊かな土壌の持続を常に考え、有機主体の農法にしています。

土の構成成分が変化し、本来、土壌が持っている豊かさや自然治癒力(浄化力)を高めます。

そうすることで野菜本来のおいしさを格段に引き出すことができます。

この土壌は、肥料と土壌に精通した、生産者によって時間をかけて作っています。

除草処理や植え付け、収穫などはすべて手作業で行っています。

「とても手がかかるものですが、だからこそ甘くておいしいにんにくができるんです。」

 

 

 

土壌菌が減り、菌の種類が減少すると有機物の分解能力が低下し、病害虫などの発生しやすくなります。

 我々独自の熟成たい肥を施用することで、土壌菌の多様性が飛躍的に拡大。

土本来のチカラ =自然治癒力が高まり地力を活性化させています。

基本ベースの熟成たい肥の他、たい肥の種類を定期的に替えることにより菌種のバランスを常に検討しています。

治癒力の多様性が高まることで分解スピードが向上、菌相互の競争環境になることで病害菌のはびこりも抑制させる農法で栽培し、

雑草処理や植え付け、収穫などの作業はすべて手作業にて行っています。

ページ上部へ戻る