ブログ

にんにくの植え付けを行いました

先日にんにくの植え付けを行いました。

 

 

マルチを敷く

まずは、土の上にマルチと呼ばれるビニールを引きます。

これは、にんにくを等間隔で植え付けをするため、

そして雑草をはやさないようにするために行っています。

 

これによって、土の栄養を雑草にとられず、すべてニンニクだけのための栄養とすることができます。

 

せっかく敷いたこのマルチ。

風で飛ばされないように、土を乗せてあげます。

 

これで植え付けの準備は完了。

 

そして植え付け。

いるま鬼丸にんにくは、通常のニンニクの約6倍もの大きさ。

そのため、植え付けも通常のニンニクに比べて、にんにく同士の間隔を開けて植え付けをする必要があります。

 

 

だから一つのニンニクのために、これだけのスペースを取っています。

普通のニンニクはもっと詰めて生産をします。

この写真の範囲で大体3つ~4つくらい植え付けを行います。

 

いるま鬼丸にんにくは、おいしさを追及するために、通常の4倍近くのスペースを一つのにんにくのために与えています。

 

これだけ広大な敷地に植え付けを行います。

この写真も一部です。

これ以外にも別のスペースがあるんです。

 

すべて植え付けも手作業で1つ1つ丁寧に行っています。

まぁでも腰が痛くて大変。

 

このように一つ一つ手作業で行っています。

 

このいるま鬼丸にんにくの成長過程については、また次回をお楽しみに。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る