ブログ

畑の土作りについて

高品質の農作物を育てる。

これが私たち農家の最大の仕事です。

食べる方々にとっては、味が一番重要なもの。

ただ、育てる私たちにとっては、味だけでなく、病気への強さや、身が多くなるなども重要なんです。

しかしながら、農業をするに当たっては、土が基本。

農作物の生育に適した土を使わなければ、
どんなに美味しい野菜でも、うまく育てることはできません。

私たちが考える、理想の土について書いていきたいと思います。

 

理想の土とは何か

農作物に適した土の条件は

・適度な水分と通気性を常に保つ土

・有機物を適度にもつ土

だと考えています。

 

土の色や土の状態は様々であり、粘土質の高い土もあれば、砂のようにサラサラとした土も。

中間体の土である「壌土」が野菜づくりには適しています。

 

また野菜であれば窒素・リン酸・カリウム・カルシウム・マグネシウムなどの栄養素が必要になってきます。

これらの養分がバランス良く含まれている土が非常に重要です。

 

毎年野菜を育てていると、これらの栄養素が不足しがち。

足りない部分を補うものとして「肥料」が用いられるのです。

 

しかしこの肥料も化成肥料や配合肥料ばかり施してしまうと、

土の状態が徐々に悪化していき、収穫量も品質も落ちてしまうという難点があります。

 

これは、土壌中にいる微生物たちが働くことができない環境を作ってしまっているためです。

 

土作りでも、サプリメントのように、直接必要な栄養素を与えることができます。

これが化成肥料と言われるものです。

 

ただ、自然界ではこの必要な栄養素は全て、自然に賄われてきました。

落ち葉や糞などを微生物たちが分解し、微生物によって必要な栄養素が植物に渡されてきました。

 

直接サプリメントのように直接必要な栄養素を与えても良いのですが、

そうすると微生物たちが不要となり、土の中から微生物が消えていきます。

 

微生物を働かせるために、餌となる有機物を混ぜ込むことも重要です。

 

有機物を加えると、土壌生物達が有機物を分解し、その過程で生成された物質により団粒化を進めることができます。

ネバネバとした物質が多く、それによって細かい土の粒が集まり土の中にすき間を作り出してくれます。

すき間が増えれば、先に紹介したように良い土の条件の1つである「排水性」や通気性の良さに結びつきます。

土にまつわる様々な要因が合わさって、良い土をつくりだしていることが分かります。

 

 

私たちの土も微生物たちが活躍してくれるような土壌作りを心がけています。

 

自分たちの土作りが日本一である自負を持ちつつ、良い点を他からも吸収し、

自然から毎日勉強して農作業に取り組んでいます。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る